金石のまちづくり活動記録


金石の地域づくりを考える  懇話会の活動記録です。
by kanaiwamachi
金石町リンク集
フォロー中のブログ
カテゴリ
検索

タグ:金石の歴史を知る会 ( 10 ) タグの人気記事

港町金石を見守る地蔵尊や石仏を巡る

e0105933_1919738.jpg

まち博2011「まちに出る、まちを知る、まちで遊ぶ」というイベントが8月27日まで開催されています。
その中の【金沢散歩学】の講座で「港町金石を見守る地蔵尊や石仏を巡る」というツアーが本日ありました。
定員一杯の30名余の団体が石塔研究家・石井嘉之助さんの説明で地蔵めぐりをしていました。
金石には地蔵さんや観音さまや石仏が結構多くあります、写真は鉄砲町地蔵尊です。

まち博のホームページはコチラ
[PR]
by kanaiwamachi | 2011-08-18 10:30 | 金石の歴史

家紋・商標と家訓展

e0105933_18593019.jpg

e0105933_18594788.jpg

[PR]
by kanaiwamachi | 2010-07-05 19:06 | 金石の歴史

囲炉裏 で 食談

e0105933_1737553.jpg

宮野家では囲炉裏を囲んだ食談【町家でタノシム】が企画されました。
金石に昔あった【濤々園 とうとうえん】のバッス図などを解析中の近世史料館・塩川隆文氏に
現在判明しているところを、分かりやすく説明いただきました。
e0105933_17404648.jpg

その当時を知る年配の方々の貴重なお話も時折聞きながら
金石町校下婦人会協議会さんが用意した金石らしい祭り料理がだされ
能木場由紀子さんに料理の説明、アサイ産業の麻井献市さんにお箸のお話をいただきました。
e0105933_17444071.jpg

アルコールも入り話は楽しさを増してきましたが、時間も過ぎてきましたので
金石の地域づくりを考える懇話会の代表・鶴山庄市氏が締めくくり終宴となりました。
e0105933_1747207.jpg

アカデミックな企画でしたが中身の濃い面白い一夜となりました。
[PR]
by kanaiwamachi | 2009-10-11 19:29 | 町家巡遊09

歴史ガイドウォーク

平成21年度金沢市公募型ゆめまちづくり活動支援事業に採択された企画
【金石版まいどさん養成講座】の第3回「歴史ガイドウォーク」・『実際に案内してみよう』編
e0105933_16485723.jpg

最初から見ず知らずのヒトへ案内ではなく、友人やご家族を同行して歩きました。
かないわ銭五に集合し、まずは1番近い『本龍寺』へ
宮腰への出入りを監視する窓であったと聞きましたが詳しい方に「物見窓」だと教えられました。
また、この周辺に要川が流れていたとも聞きました。
e0105933_16571763.jpg

境内に入ると銭屋長男の墓や安宅弥吉の墓、松尾芭蕉の句碑などを解説
銭屋五兵衛の関連がガイドウォークには欠かせません。
町家巡遊の企画と重複しますが、ここでも北前船の船板から作った塀の観田家を拝見しました。
e0105933_1713229.jpg

続いて10月1日に金沢市の文化財に指定された『専長寺』へ
住職様に門の説明をいただきます、屋根下の丸太は珍しいモノとのこと
e0105933_174677.jpg

立派な松で全景が写ってませんが、この木も市から3月に指定されたらしいです。
e0105933_1751450.jpg

中に入り瓦屋根の話などをいただきました。
e0105933_176794.jpg

奥には銭屋五兵衛宅の茶室を移築した【松帆しゃ】しょうはんしゃと呼びますが
しゃの字がPCで出ませんでした木ヘンに射だったと思います。
e0105933_1713365.jpg

こちらの部屋は横山家の囲い(別荘)だった建物の座敷
前田土佐守屋敷の復元ではモデルにされたそうです、左右反転しますが・・・

次に「飴買い幽霊」でおなじみの『道入寺』へ
e0105933_17185039.jpg

住職さんは不在でしたが、飴買い幽霊の掛け軸は出していただけました。
飴買い幽霊のお話自体は金沢でも数箇所、また日本全国にも伝わるお話です。
一説によると儒教を広めるため親が子を思う情を分かりやすくした法話とも言われます。
よそと違うのは円山応挙の幽霊画があること、足の無い幽霊というのは応挙の絵に起因?
通常はお盆やお彼岸に出されているそうです。

本当は室生犀星ゆかりの海月寺にも足を伸ばそうと企画しましたが
お寺様の都合で割愛しました。
希望者には増江家の町家カフェで休息していただきました。

約2時間のコースでしたが、好天の中、秋の金石を再発見するガイドウォークでした。
[PR]
by kanaiwamachi | 2009-10-11 13:32 | まちづくり活動

案内場所を解説してみよう

e0105933_22254371.jpg

平成21年度金沢市公募型ゆめまちづくり活動支援事業に採択された企画
【金石版まいどさん養成講座】の第2回「写真を見ながら話そう」・『案内場所を解説してみよう』
が開催されました。今回企画のコースの史跡(主に寺院)の写真をパワーポイントで見ながら
そのシーンに合わせた、解説をしようという企画です。
e0105933_22295712.jpg

実際に参加してくださった方々は金石の歴史を知る会の方だったり、独学でも詳しい方々なので
「釈迦に説法」なシチュエーションでした(笑)
本当に歴史を好きな方々なので深い知識がたびたび話を脱線させてしまいます。
また歴史観の違いで意見が衝突する場面もあり、講習会というより勉強会になりましたが
初めてお聞きするような史実もあり大変参考になりました。
e0105933_2237397.jpg

第3回目は10月11日(日)午後2時~4時(予定)
「実際に案内してみよう」・『金石の歴史ガイドウォーク』
当日、一緒に金石の史跡を歩いて勉強したい方を募集しています。
参加者は午後1時50分に、かないわ銭五(金石バスターミナル前)までお集まり下さい。
[PR]
by kanaiwamachi | 2009-10-01 22:23 | まちづくり活動

人と地域をつなぐコミュニケーション

e0105933_2132227.jpg

平成21年度金沢市公募型ゆめまちづくり活動支援事業に採択された企画
「金石の歴史を学ぼう」・『金石版まいどさん養成講座』が始まりました。
これは金石に来訪されたかたを金石のモンが、金石の魅力を伝えようというのが目的
第1回は「お話の仕方を学ぼう」・『人と地域をつなぐコミュニケーション』
歴史はよく知ってるけど、ヒトに話して伝えるにはどうすればいいの?との思いから
かなざわ散歩道でおなじみの横田幸子さんに講演していただきました。
e0105933_2138163.jpg

最初に参加者一人一人から「金石の魅力」を語ってもらうことから始まりました。
「ヒトがいい」・「お魚が美味しい」・「伝統を守る気持ちが強い」・「夕日がキレイ」・「お祭りが盛大」など
20個もの郷土自慢が上がりました、こんなにも金石が大好きなヒトたちだから、伝わるといいなぁ
そして横田さん自身も人前で話すのが苦手だったこと、今でも緊張することを聞きました。
また、どうやって乗り越えて今の自分になっているかをお話いただきました。
コミュニケーションの極意は『自分が変わる』だとのこと
「3つの ち 血・地・知」のお話、「もらう幸せ・できる幸せ・あげる幸せ」のお話など
貴重なお話を拝聴しました。
e0105933_2149683.jpg

最後は、発声練習もしました。「あ!い!う!え!お!」・・・
よく早口言葉で登場する文章もハッキリ・ゆっくり発声します。
「生麦・生米・生卵」・「青巻紙・赤巻紙・黄巻紙」・「特許許可する東京特許許可局」・・・
2時間半が短く感じる講演で、参加者にも大変好評でした。
この模様は9月26日の北國新聞朝刊にも記事が掲載されました。

横田幸子さんのブログ「声は人なり!」はこちら

続く第2回目は10月1日(木)午後7時から金石会館3Fホールです。
「写真を見ながら話そう」・『映像を見ながら案内場所を解説してみよう』

また第3回目は10月11日(日)午後2時~4時(予定)
「実際に案内してみよう」・『金石の歴史ガイドウォーク』
当日、一緒に金石の史跡を歩いて勉強したい方を募集しています。
参加者は午後1時50分に、かないわ銭五(金石バスターミナル前)までお集まり下さい。
[PR]
by kanaiwamachi | 2009-09-25 21:30 | まちづくり活動

歴史勉強会

e0105933_1522647.jpg

板崎氏のお誘いで松寿荘2階で勉強会~大野荘の歴史~に行ってきました。
十数名の参加で、秘蔵する資料も見ながら、初めて見聞きするコトばかりの2時間半でした。
地域には熱心に歴史を勉強されるかたが案外いるもんだなぁと・・・
e0105933_15281958.jpg

内容は「米蔵・塩蔵・煙硝蔵の場所」と「宮腰と大野古図(天保時代)の解説」でした。
加賀藩の海の玄関口であった宮腰、荷揚げされた塩・米などは当時専売制が布かれており
濡れても良いようなモノ、は浜蔵・浜小屋に、濡れると都合の悪い塩や米は蔵へ保管されました。
金石の旧町名には御塩蔵町というのもありますが、大火を繰り返し場所は一所でなかったようです。
この日の勉強では現在の上相生町あたり、めん房なかもとさんの後ろあたりに塩蔵があったり
音八材木店さんあたりに米蔵があったようです。
また煙硝蔵(火薬庫)も昔の運動場の隅に土塁(土盛り)がされて
現在の北3丁目小公園あたりにあったらしいと聞きました。
ココからお台場(ブログで前出)まで火薬を運んでいたんでしょうかね?
また幕府の目をくらますためか塩硝蔵とも書いたとか呼ばれたとか・・・
e0105933_15471545.jpg

↑写真は煙硝蔵(塩硝蔵)があったらしいとされる北3丁目小公園です。

不勉強なワタシの文にもし間違いがありましたらゴメンなさい。
[PR]
by kanaiwamachi | 2009-06-28 15:57 | 金石の歴史

金石にお台場?

e0105933_17423815.jpg

金石の歴史を知る会に出席し俣田隆志先生の講義「金石のお台場」を聴講してきました。
お台場というと東京都臨海副都心のイメージが強い昨今ですが
台場(だいば)とは、幕末に設置された砲台で、要塞の一種だそうです、日本各地に築かれたらしく
幕府や各藩において異国船の打払いを企図したものが多く海岸や河岸に築かれるものが多かった。
しかし、幕末にいたり戊辰戦争や函館戦争、さらには明治期の西南戦争におにては野戦築城の数々も台場と呼ばれるようになった。これらは海岸線に限らず、峠・高台・交通の要衝に築かれる事が多々あった。出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』
金石町では下新浜町(通称しんまち)の北部海側に作られたとの記録(古文書)があるとのこと、ただヒトの記憶からは未確認で、書類によると要川から浚渫した土砂で作られたらしく海に侵食されてしまったのか、なくなったのかは謎につつまれたままだそうです。
e0105933_1805849.jpg

その他、観光ボランティア・ガイドまいどさんのようなしくみを創れないかと模索中でした。
※写真の資料は主要案内場所の解説集です。
[PR]
by kanaiwamachi | 2009-04-19 18:05 | 金石の歴史

秋、金石を訪ねて

テレビ金沢で10月14日(日)午前7時半~8時放送の「かなざわ散歩道」
金石で収録された分が「秋、金石を訪ねて」として放映されました。
普段なにげに見ている風景がステキに感じる作品でした。

e0105933_2229255.jpge0105933_22294724.jpg









e0105933_22304100.jpge0105933_22301587.jpg









この場をお借りして収録にご協力いただいた方々ありがとうございました。
放送局からいただいたDVDを公民館に置きました、見逃した方はお借り下さい。
[PR]
by kanaiwamachi | 2007-10-14 07:30 | まちづくり活動

かなざわ散歩道の収録

e0105933_16235498.jpge0105933_1624840.jpg









テレビ金沢で10月14日(日)午前7時半~8時に放送予定の「かなざわ散歩道」の収録を
しました。当日は朝から小雨が降っておりましたが次第に晴れて散策にはちょうど良い気候。
地元金石の歴史を知る会の照田定信さんと林吉三さんに街中の寺院をご案内をいただき
レポーターの横田幸子さんと 専長寺~道入寺~海月寺~本龍寺、他を1日かけて回りました。

e0105933_16242642.jpge0105933_16243767.jpg
[PR]
by kanaiwamachi | 2007-09-24 16:21 | まちづくり活動


タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧